読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レートの闇日記

にわか総合勢がポケモンの考察についてメモ程度に。

〔ダブル〕 ガルゲン軸つよポケスタン

 そういえば良く使ってたこの構築だけど、最近使ってないしだんだん使う気も起きなくなってきたので公開します。レートで言えばシーズン3から5辺りまで、その他PCLの代表決定戦やサマーウェーブといったポケサーのイベントでも長いこと使いました。最高レートは確かシーズン3の1941で初めてダブルレート最終順位100位以内に入れた時のPTだったはずです。

 

 構築の出発点は当時全国ダブルで大流行したメガゲンマリルリボルトランドサザンドランという並びです(ググれば出ると思います)。ダブルに行き詰っていたあの頃の僕はまずこのPTをパクろうなんてことを考えました。しかし乱数弱者のイユさんはこの手のボルトを持っていなかったのです。そこでまた自分なりに試行錯誤した結果、まずボルトが大正義ガルーラに。そして合わせてメガゲンが襷ゲンになることでこれまたカロスで流行ったガルゲンの形が実現。さらにマリルリを鉢巻ではなくオボン太鼓型で採用することでガルーラマリルリの猫太鼓という形にももっていけるように。ここで一旦回してみた結果浮いてるポケモンが少ないためランドが地震を撃ちづらいという問題が発生したため、ヒードラン→火ロトムとすることで炎打点を残しつつ地震耐性、さらにボルトを抜いたことによる電気打点を新たに確保することができました。もうここまで来ればパ〇ラパとは全くの別物なんでオリジナルみたいなもんですね!

 というわけで僕にしては珍しいギミックが控えめないわゆる強いポケモンを集めたスタンができたのでした。僕自身それまでダブルでは追い風やトリル、雨といったギミックばかり使っていたのでこういうPTを使うのは新鮮でいい経験になりました。

 

 

 ではPT紹介へ。メンツ自体は割とテンプレな上、動かし方に変わった特徴などもないので簡単にいきます。

 

 

〇PTメンバー

 

f:id:yiyu_alt:20141023011605p:plainf:id:yiyu_alt:20141023011627p:plain

 

f:id:yiyu_alt:20141023011646p:plainf:id:yiyu_alt:20141023011705p:plain

 

f:id:yiyu_alt:20141023011718p:plainf:id:yiyu_alt:20141023011729p:plain

 

 

〇個別解説

 

ガルーラ

肝っ玉

陽気 AS

ガルーラナイト

猫だまし、捨て身タックル、けたぐり、ふいうち

 何だかんだダブルで一番使ってるメガ。このPTに関しては動ければ強いポケモンが多いため横に何置いても強い。当然こいつも強い。

 

 

・ゲンガー

臆病 CS

気合の襷

シャドーボール、ヘドロ爆弾、鬼火、守る

 ガルーラと良く並べる。刺さる相手にはぶっ刺さり、そうでなくとも襷で行動保障されるため結構仕事してくれる。ガルゲンミラーはどうせ肝っ玉猫+鬼火。

 

 

マリルリ

意地っ張り H228 A252 S28

オボンの実

じゃれつく、アクアジェット、腹太鼓、守る

 初手でなくとも流れの中で太鼓できそうなときは積極的に腹を叩いていく。常に試合をひっくり返す可能性を秘めたポケモン。vsトリパでトリル展開を許す場合トリルターンに合わせてこいつで太鼓しないと厳しい。

 

 

・ヒートロトム

控えめ H236 C252 S20

達人の帯

10万ボルト、オーバーヒート、めざめるパワー(氷)、守る

 強化アイテムを持つことで色々落とせるようになるので持ち物は帯とした。半減が多く、優秀なタイプだが数値はそこそこなので適当に後出しするとすぐ削れてしまうのが辛い。

 

 

サザンドラ

控えめ H108 C228 S172

拘り眼鏡

流星群、竜の波動、悪の波動、大文字

 水ロトムに強いポケモン。有利不利がある程度わかりやすいので有利対面からガンガン高火力を押し付けていく。努力値はガブのドラクロ耐え、ドーブル抜き辺りを目安に振ったと思う。ちなみに炎技は元々火炎放射できたが、ランドのWダメ雪崩+放射でHBっぽいバレルが落とせなくてキレたので文字にしました。

 

 

・霊獣ランドロス

意地っ張り AS

拘りスカーフ

地震、馬鹿力、岩雪崩、とんぼ返り

 優秀なタイプと特性を持つ強ポケの代表。テンプレですが普通に強かったです。威嚇入れたアローと対面してブレバ急所で吹っ飛ばされるのはあるある。

 

 

 

  こんな感じ。雨やトリルが辛かった気がします。またいつか気が向いたら改良してみたいですね(いつも言ってる)。ここまで見てくださってありがとうございます。