読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レートの闇日記

にわか総合勢がポケモンの考察についてメモ程度に。

【ネタ】ドーブルの攻撃力【陽気or臆病】

 

 ※この記事では主にドーブルの猫だましのダメージ計算をしていきます。攻撃力といってもドーブルで太鼓神速いえぇぇぇい!みたいな記事ではありません。

 

 どうもドーブル狂です。ドーブル入りの構築記事と聞いて全人類がまず最初に気になることといえばドーブルの性格でしょう(?)。ここではダブルトリプルで一般的な、猫だまし1ウェポン他サポート技の襷ドーブルの性格(陽気or臆病)を問題とします。僕は猫だましのダメージ1の差でミリ耐えされて泣く可能性がわずかでもある以上完全サポートドーブルでも陽気のA個体値V派なのですが、様々な記事を読み漁ると同様の型を臆病で採用している方が結構見受けられます。これについて理由を問い詰めたり、文句を言ったりしたいわけではなく純粋にどれくらいダメージに差が出るのか気になったのでちょっとまとめてみようかなと思いました。

 陽気のメリットは猫だまし(フェイント)のダメージがわずかでも増すこと。臆病のメリットは混乱自傷、イカサマのダメージの低下だと思われるので、その辺を見ていきたいと思います。

 ちなみに同様の陽気臆病問題はレパルダスニャオニクスでも頻繁に見かけます。僕は猫だましを採用する場合当然こちらも陽気(腕白慎重)派です。皆さんはどうでしょうか?

 

〇エントリーする4匹のドーブル

①臆病A個体値0 【A実数値22】

②陽気A個体値31(無振り)【A実数値40】

③陽気A個体値31(無振り)テクニシャン【A実数値40】

④陽気A個体値31(252振り)テクニシャン【A実数値72】

(③以降いるか...?)

 

〇ダメージ計算

(Ⅰ~Ⅴはこちらのドーブルが撃つ猫だましのダメージ。Ⅵは自傷ダメージ。Ⅶは相手にイカサマされた時のダメージ。)

 Ⅰ、vs紙耐久

f:id:yiyu_alt:20150504235153p:plain

B55想定

①10~13(ダメージ)(以下同様)

②16~21

③25~31

④45~54

 相手がこれだけ紙だと①~④で明確に差が生じる。そもそもドーブルに撃つ猫なんて行動を止めながら襷を潰せれば十分なので与ダメとか別に...と思うかもしれないが、トノルンパの熱湯など低火力技で仕留めようとすると①と②どちらを先に入れておくかで落とせる確率がはっきり変わってしまうので注意。初めからこちらのPTで採用する低火力技がわかっている場合、あらかじめ猫込みで計算しておくといいかもしれない。それで②でも足りないなんてことがあればあるいは③や④も選択肢なのだろうか。それくらいダメージの差はでかい。

 

Ⅱ、vs低耐久

f:id:yiyu_alt:20150223044208p:plain

B85想定

①7~9

②12~15

③16~21

④30~36

 ここもまあまあ差が出るとこ。ニンフィアは特に物理方面に対してカツカツの調整を施すことが多くミリ耐えも頻発するポケモンなので、①と②のどちらを入れておくかが勝負の分かれ目となるケースがあるのかもしれない。(調整ニンフィアってそれB85じゃないじゃんという突っ込みは無しの方向で...)

 

Ⅲ、vs中耐久

f:id:yiyu_alt:20160521023221p:plain

B100想定

①6~7

②10~13

③15~18

④25~31

 メガ前ガルーラはあくまでB100の目安ってだけなので...。①と②で5ダメージくらい差が出る。この5という数字を軽く見るか重く見るか。

 

Ⅳ、vs高耐久

f:id:yiyu_alt:20160323011046p:plain

B120想定

①6~7

②7~10

③12~15

④21~25

 ここまで来ると①と②にダメージの差がほとんどなく、他の攻撃と合わせて確定数が変わるケースを見つける方が困難。それでもミリで耐えるか落とすか際どいケースが多いあのメガガルーラなので、何か影響あるかもしれない。

 

Ⅴ、vs超高耐久

f:id:yiyu_alt:20160323011038p:plain

B180想定

①4~6

②6~7

③7~10

④15~18

 それでもテクニシャンならしっかりダメージの差が出る。GS特有の際どい耐え調整を崩せるかもしれない。(知らんけど)

 

Ⅵ、vsフラフラダンス(威張る)

f:id:yiyu_alt:20141213042730p:plainf:id:yiyu_alt:20141213042821p:plain

B55想定

①7~9 (13~16)

②③11~14 (22~27)

④21~25 (40~48)

 ドーブルの通常特性はマイペースなので普通に考えたら混乱技を撃たれる機会などほぼないのだが、こちらがムラっけを採用している場合、それがばれた瞬間に威張るが飛んで来たり、そもそもマイペースとかおかまいなしにフラダンで巻き込んでくることは考えられそうなので一応計算しておいた。④はそもそも自ダメは割り切ってる奇形なので抜きにして、ドーブルのAであっても威張られた場合①と②では結構ダメージに差が出る。

 

Ⅶ、vsイカサマ(左から順に不一致イカサマ/一致イカサマ/イベルタルのイカサマ)

f:id:yiyu_alt:20160521024149j:plain

B55想定

①15~18 / 22~27 / 30~36

②③27~32 / 40~48 / 52~63

④47~56 / 70~84 / 93~111

B87想定

①10~12 / 15~18 / 19~24

②③17~21 / 25~31 / 33~40

 イベルタルクラスのイカサマだと①と②では相当差が出る。そもそもドーブルに対してイカサマを選択するのかかなり怪しい気もするが、指で吸ったり相手がイカサマで拘ってたりするのかもしれない。

 下はBSドーブルの場合。当然Bが高くなればイカサマのダメージも減り①と②の差も縮まるので、この程度ならわざわざイカサマダメのために①を選ばなくてもいいような気がする。

 

〇結論

 微々たる差だしなんでもいいよもう。(それでも僕は陽気で使いたい気持ちがちょっと強くなりました。)

 

〇終わりに

 記事のネタが思いついた時はすごいワクワクしてたのに、実際計算しているうちに思ったより役に立たない上に面白くないことに気づいて萎えてました。それでも一応何かの参考になるかもしれないので残しときます。何か載せてほしい計算や、確定数変動ケースなどあったら教えてください。

 さあ、君はどの犬を選ぶ?